FX取引の基礎まとめ

FX取引の基礎まとめ

FX取引は基礎を固めて、どれだけ様々な状況に対応できるかという応用力が必要になります。

 

基礎をまとめると、FX取引にはまず自分の投資スタイルに合った業者を選ぶこと。

 

そして、取引を行う時には絶対的な自分のルールを破らない事です。

 

投資スタイルにはスキャルピングやデイトレスイングなどの短期的な投資法もあれば、ファンダメンタル分析を用いて大きな利益を長期間を経て得る長期的な投資法もあります。

 

どちらが優れているかということはなく、状況によって変化させる対応が必要です。

 

自分がポジションを保有する通貨にはそれぞれの個性があります。

 

アメリカは世界の基軸通貨なので、未だに絶対的な強さがありますが、その逃避先としてユーロに力が分散されています。

 

ポンドやオーストラリアドル、ニュージーランドドルも値動きが激しいため、短期投資で売買を繰り返すには向いているのではないでしょうか。

 

注文方法には成行注文、指値注文、逆指値注文などがあり、さらに応用されたIFD注文、OCO注文。

 

全てを満たすIFO注文があり、この注文方法を用いればリスクマネジメントも容易になります。

 

FX投資で勝ち続けるには、潔く損切りすることも重要でリスク管理能力が試されている投資ともいえます。