通貨の個性

通貨の個性

各通貨にはそれぞれ個性があります。

 

世界の基軸通貨としての強さを誇るアメリカドルは各国の通貨にも値動きが影響を与えます。

 

現在でも基軸通貨としての強みがあるため、流通量でもトップを維持しております。

 

ただ、今後も基軸通貨としての圧倒的強さを維持できるかは不明です。

 

日々の値動きはそれほど大きくなく、情報も一番入手しやすいため、FX取引の初心者におすすめの通貨と言えます。

 

ユーロに関しては、ユーロ加盟国の財政破綻や景気悪化により、ユーロの価値が減少していますが、多くの先進国とつながっている強さがあります。

 

また、アメリカドルの懸念が生じた場合にはユーロへと資金逃避されることもあるため、力としては強いといえます。

 

ただ、トレンドの変化が激しい通貨でもあるため、長期的な予測は難しい通貨です。

 

イギリスのポンドは値動きが激しいため、テクニカル分析によって短期的な利益を得ようとするデイトレーダーが多くいます。

 

ただ、それだけリスクも高いという事になります。

 

動きとしてはアメリカドルに近い通貨になります。

 

あと、流通量が少ないために値が動きやすい通貨としてはオーストラリアドルとニュージーランドドルが挙げられます。

 

各通貨の個性・特徴を捉え、充実した運用を行いましょう。