代表的なチャート分析

代表的なチャート分析

テクニカル分析は日本だけでなく、世界的に使用されているチャートを用いるべきです。

 

日本独自の分析法でも統計学的に作成されたチャートというのは、信頼度が高いといえます。

 

しかし、FXというのは全世界で取引されているため、どうしても集団心理が働くことによって為替レートが動かされていきます。

 

そのためには、世界的に有名なチャートを使用し、みんなが判断しそうなサインで買い・売りを行う方が良いのです。

 

移動平均線はチャート分析の基本として用いられており、多くの方が使用しています。

 

移動平均線というのは、一定の期間の終値を平均化してグラフにしたものです。

 

そのため、この期間設定というのが重要になるのです。

 

代表的な設定法は短期的なトレンドを見るための5日移動平均、長期的なトレンドを見るための25日移動平均の二つです。

 

この短期の移動平均線と長期の移動平均線がクロスしたところをゴールデンクロス、逆に短期移動平均線が下落してクロスしたデッドクロスは売買のタイミングを図るのに、有効な判断材料となります。

 

難しく読みにくいチャートをいくつも用いるよりも、基本をしっかりと抑え実践出来ることの方が価値は高いのです。

 

他にも代表的なチャート分析がありますので、調べてみましょう。