チャート分析の実践

チャート分析の実践

チャート分析というのは頭で理解することも必要ですが、何より体で覚えて実践出来ることが重要です。

 

私もいくつかのチャート分析を試し、今では自分に合った分析法をセレクトしています。

 

移動平均線のゴールデンクロス・デッドクロス・グランビルの法則などは有効でよく使われていますが、その他にも種類の異なる指標を組み合わせて精度を上げることがテクニカル分析で勝つ秘訣です。

 

私の場合はトレンドを把握するための指標の他にも値動きの転換点をつかむためにRSIという指標を用いています。

 

これは相対力指数の事を言い、売りと買いのバランスを相対的な評価で示してくれる重要な指標です。

 

移動平均線などはトレンド系指標と呼ばれ、RSIなど相場の転換点を知るための指標はオシレーター系指標と呼ばれています。

 

RSIの見方も人によって異なりますが、一般的にはRSIの数値が70%以上を超えていると買われ過ぎということ。

 

RSIの数値が30%以下であれば売られ過ぎということで判断されます。

 

売られ過ぎとなれば買いのサインで、買われ過ぎとなれば売りのサインなのですが、RSIも期間設定によって数値が大きく変わります。

 

短期に期間設定した場合は反応は良いのですが、それだけ騙しが多くなるのでバランスを考えた期間設定を行いましょう。