トレンドを見る

トレンドを見る

トレンドを見るには、ローソク足の流れを見るのが効果的です。

 

相場というのは日々変化していくものなので、毎日上昇・下落が続いているわけではありません。

 

値は常に変動し、上がったり、下がったりを繰り返しながらどちらかの方向へ動いて行きます。

 

トレンドを見るにはローソク足を一本一本見るというより、塊で見る必要があります。

 

トレンドはチャート上にラインを引くことでつかみやすくなり、ローソク足のひと塊りになっている山の頂点を結び上値抵抗線を引きます。

 

さらにローソク足の谷の底部分を結び下値支持線を引きます。

 

このように二つのラインを引いていくと、今はどちらのトレンドに進んでいるかを把握することができます。

 

この二つのラインは長期的なトレンドを見るために用いるため、スキャルピングなど小さな利益を短期的に積み重ねていくような手法の方にはあまり参考にならないでしょう。

 

基本的なトレンドラインが引けるようになれば、さらに応用を利かせたダブルトップや三尊天井などを覚えていくと良いでしょう。

 

ダブルトップは一旦高値をつけ、底値まで下がり、再び高値をつけ下げ戻すことをいいます。

 

三尊天井は上昇から高値、高値から下落という一連の流れが三回繰り返されるパターンのことをいいます。

 

これらはトレンドパターンとしては非常に有名なものとして用いられています。