ローソク足とは

ローソク足とは

FX取引のテクニカル分析の基礎中の基礎はローソク足になります。

 

なぜなら過去の値動きを記録し、チャートを作成する際にもローソク足が用いられるからです。

 

ローソク足というのは日本初のもので、始値・高値・安値・終値の四つの値段で作られています。

 

さらにローソク足は一日の動きを表す日足、1週間の動きを表す週足、1カ月の動きを表す月足などに分かれ、さらに細分化した4時間足、2時間足、1時間足、30分足、15分足、5分足、1分足というようなローソク足もあります。

 

ローソク足を用いる目的は設定した期間中の値動きを知るためだけではありません。

 

ローソク足を深く分析することで、多くのサインを見つけることができ、相場の予測に役立てることが可能なのです。

 

ローソク足は白と黒の二つに分けられており、白のローソク足は陽線と呼ばれています。

 

陽線は始値より終値が上昇したことを表しております。

 

黒のローソク足は陰線と呼ばれており、こちらは始値より終値が下落したことを表しています。

 

さらにローソク足の上と下に直線が引かれていますが、上に引かれているのは期間中の高値を表しております。

 

下に引かれているのは期間中の安値を表しております。

 

上の直線を上ひげ、下の直線を下ひげと呼ばれます。

 

ローソク足は応用に結びつく基礎となるため、理解を深めておきましょう。