テクニカル分析とは

テクニカル分析とは

FX投資や株式投資にはファンダメンタル分析やテクニカル分析という分析法があります。

 

あくまでも大きなジャンルとして捉えられており、ファンダメンタル分析の中でも貿易収支や景気動向など細かく分析する必要があります。

 

テクニカル分析はこのような経済状況などの情報よりもチャートなどのサインを重要視します。

 

テクニカル分析というのは、過去の値動きから将来の値動きを予測することが目的で、統計学的に作られているものも多く世界的に信頼されている情報として使われています。

 

一口にテクニカル分析といっても、多くの情報があります。

 

代表的なローソク足にはじまり、移動平均線やMACD、RSI、ストキャスティクス、一目均衡表、移動平均線の読みとしてのゴールデンクロスやデッドクロス、グランビルの法則など挙げればきりがないほどあります。

 

どのチャートを重要視するかは自分がどのような投資スタイルで取引するかによって、柔軟に変えていく必要があります。

 

また、チャートの場合は細かい設定をすることによって、買い・売りのサインのタイミングが異なります。

 

サインが早すぎれば、思惑が外れる確率が高まりますし、遅すぎれば間違う確率は低いですが買い・売りのタイミングを逃してしまいます。

 

テクニカル分析はいくつか代表的なものを使用し、自分の法則というものを身につけると強みとなります。