ファンダメンタル分析とは

ファンダメンタル分析とは

長期的な投資にはファンダメンタル分析が必要不可欠です。

 

最近はデイトレーダーが増えているため、テクニカル分析を中心に取引を行っている投資家が多いのですが、投資とファンダメンタル分析は切っても切れない関係です。

 

ファンダメンタル分析は国の業績や経済状況を調べて、通貨の価値や今後の動向を知るための判断材料となります。

 

どうしても経済や金融の情報に疎い方は苦手意識を持つため、このような分析法を嫌います。

 

しかし、テクニカル分析で大きな動きを捉える事は非常に難しいため、ファンダメンタル分析の長期的な予測は必要なのです。

 

ファンダメンタル分析が苦手な方は基本中の基本だけでも知っておきましょう。

 

金利と貿易と景気の三つです。

 

ある国の金利が上がった場合は投資家の多くは投資先を変えることになります。

 

そのため、移った投資先の通貨の需要が高まり価値も高まるという事です。

 

貿易の場合は黒字であれば、その国の通貨の需要が高まるということです。

 

取引量は全体の一部かもしれませんが、影響を与えるのは間違いありません。

 

景気に関しては間接的に通貨の価値をあげる確率が高まります。

 

景気が良くなれば、人は物やサービスにお金を使うため、インフレになります。

 

その状態が続けば国は金利を上げる可能性が高まります。

 

そうすると通貨の価値も高まるというものです。

 

これら三つの読みはあくまでも単純な分析です。

 

どれだけの影響力を持つのかは国と国との関係性やバランスにもよるので、深いところまで読めるかが鍵となります。