ロスカットとは

ロスカットとは

FX取引のリスクマネジメントの一環として、マージンコールとロスカットが存在します。

 

マージンコールは警告のようなものなので、さらに取引を続けることは可能です。

 

しかし、ロスカットの場合はこれ以上損失を膨らませないように強制的にポジションが決済されます。

 

証拠金との割合によって、自動的に行われるものなので証拠金の割合には常に気を配っておく必要があるでしょう。

 

ロスカットが行われる割合というのは、業者によって設定が異なりますが、多くは証拠金との割合が20%を下回った場合にロスカットが行われているようです。

 

強制的に決済されてしまう事に不満を感じている投資家も多いのですが、この制度がなければずるずると損失を膨らませてしまい借金を抱え込んでしまう可能性も否定できません。

 

自分の意思で損切りが出来る方はそう多くはありません。

 

いざ、ロスカットに近づくと、値を戻すかもしれないという予測というより、変な期待をしてしまうのも人間の弱いところなのです。

 

マージンコールやロスカットは顧客保護の制度となるため、この制度がしっかりしている業者ほど信頼度が高いといえます。

 

マージンコールが出た時点で入金をし、証拠金に余裕を持たせるという絶対的なルールを決めておくのも必要です。