FXの取引コスト

FXの取引コスト

FX取引は株式取引や先物取引などの投資に比べても取引コストが断然安い事が分かります。

 

外貨預金と比べても、取引手数料が安いため、FX取引を始める方が多いようです。

 

外貨預金では銀行や金融商品によって異なりますが、1ドルあたり約1円の取引手数料がかかります。

 

取引毎に手数料が取られるため銀行口座に預けても、引き出しても1円かかってしまうのです。

 

たかが1円、2円の話と思っている方は危険です。

 

取引の金額が大きければ大きいほど、また回数が多ければ多いほど取引手数料がかかってくるため、相当なコストとなるのです。

 

その外貨預金に比べても、FXの取引コストは安いと言えます。

 

以前までは多くの業者が片道手数料が10銭〜20銭という設定でしたが、今では無料の業者が多くあります。

 

どれだけ取引しても、取引手数料が取られることはないのです。

 

現在はFX取引をするのに、取引手数料を気にする方は少なく、スプレッドに注目しています。

 

スプレッドはビッドとアスクの差の事をいい、短期的な売買を繰り返すときには特に重要となります。

 

FX取引の取引コストに関しては、取引手数料ではなくスプレッドに注目してください。

 

業者はスプレッドの小ささで勝負しているところが多くなっているのです。