スイングトレードとは

スイングトレードとは

デイトレードの中でもスキャルピングとスイングトレードに分かれます。

 

スキャルピングは簡単にいえば利幅はうすくても利益を確定し、それを積み上げていく方法。

 

基本的な戦略としては相場が上昇基調のときに買い注文し、20銭〜50銭ほどで決済します。

 

スイングトレードの場合はポジションを数時間保有し、ある程度利益が出た時点で決済します。

 

スキャルピングよりもスイングトレードの方がポジションの保有時間が長いため、相場変動が大きい時には大きな利益を得ることになります。

 

もみ合いの時にはスキャルピングの方が利益を得るチャンスがありますので、トレンドが形成された時に有利に働く手法がスイングトレードといえます。

 

スイングトレードの場合は長くても数日という短い保有期間なので、ファンダメンタル分析よりもテクニカル分析を重視します。

 

重要なのは日頃のチャート分析と相場観です。

 

テクニカル分析も一つの手法ではなく、様々な手法を組み合わせ自分なりのルールを設けることも必要です。

 

この手法でこのラインを超えれば、買い。

 

などの目安を作っておくと、迷いなく買い・売りを行う事ができるでしょう。

 

短期的な売買となるため、決断力も必要となり、いかにタイミングよく売買できるかを工夫していきましょう。