FX取引のスタイル

FX取引のスタイル

FX取引には人それぞれの投資スタイルが必要です。

 

書籍にはデイトレードが勧められていても、自分に合っていない投資スタイルでは同じように利益をあげることはできません。

 

基本的に投資スタイルによって分析法が異なります。

 

投資スタイルの種類は豊富にあるため、大きく二つに分けます。

 

そうすると短期的な投資と長期的な投資に分かれます。

 

短期的な投資はいわゆるデイトレードのようなもので、ポジションを次の日まで持ちこさないスタイルです。

 

短期的な取引となるため分析法はファンダメンタル分析よりもチャートやローソク足などを参考にするテクニカル分析が優先的に使用されます。

 

もちろん、重要な指標が発表される時や何か緊急の懸念材料などの情報が流れた時はその情報も参考にされます。

 

ただ、デイトレーダーの多くはテクニカル分析よって一日に数度の売買を繰り返します。

 

それだけ小さな動きにも対応させるため、反応の早いチャート分析が用いられるのです。

 

長期的な投資の場合は一時の値動きに惑わされる必要はありません。

 

長期的視野で利益を得るなら、小さな利益ではなくある程度大きな利益を得なければメリットはありません。

 

そのため、テクニカル分析で瞬間的な動きを読むよりもファンダメンタル分析で国や経済の情報を集め、将来の予測をすることが重要となります。

 

このように投資スタイルによって、考え方が大きく異なるのです。