FXの取引時間

FXの取引時間

FX取引と株式取引の大きな違いの一つは取引時間にあります。

 

外国為替市場には時間帯によって取引ができる時間、できない時間などの区切りがないため、基本的には24時間取引することが可能です。

 

その理由は各国によって時差の関係もあるため、取引が行われる国が時間帯によって異なるのです。

 

よく、為替のニュースなどで東京時間やニューヨーク時間、ロンドン時間などを聞くと思いますが、その国で取引が一番活発化している時間帯を指しているのです。

 

株式取引のように取引時間が制限されることはないため、売買のタイミングを逃すことは少なくなります。

 

ただ、経済指標が発表されたり、世界の情勢によって大きく値が動いてしまう事も珍しくないため、いつ大きく動いてもいいようにリスク管理は徹底しておくべきでしょう。

 

最近はアメリカの力が弱まっていると一部では報道されていますが、まだまだ影響力が強く、アメリカの指標に注目しておくのは必須と言えます。

 

アメリカの指標が発表される時間帯に取引が集中するため、日本時間の午後10時〜深夜1時頃は取引が活発化しているため、値が動きやすくなります。

 

時間帯によって動き方が異なるので、その辺りの特徴をつかんでおくことも必要でしょう。

 

血圧を下げるサプリ
血圧を下げるサプリの人気ランキング★