為替相場とその他の相場

為替相場とその他の相場

為替相場の他にも株式相場や原油相場などが存在します。

 

為替と株と商品の相場はそれぞれ異なりますが、全く関係性がないとはいえません。

 

基本的に日本の株式が堅調の場合は為替相場は円高方向に動きやすいと言われております。

 

その理由を簡単に分析すると、海外投資家が日本の株を買う事も珍しくないため、購入する場合は円に替えることになります。

 

替えるということは円を買うという事になるため、その分円の価値が高まるという事です。

 

日本の場合は預金をしても、金利が低いため、預金のメリットというのは感じにくくなります。

 

そのため、日本株が下落していくと外国投資家はすぐに円の資金を引き上げる可能性があるため、株式相場の関係性が強くなります。

 

金利が高い国の場合は、一時的に株式相場が下落していても外貨預金で保持するケースがあるため、一概にリンクするとはいえません。

 

各種相場が全く同じように動くという事はありませんが、日経平均とドル・円相場はポイント的に同じ動きになることがあり、原油相場とドル・円相場はポイント的に反対の動きになることがあります。

 

各種相場の関係性を知るために、自らチャートを持ちだし比べてみることをおすすめします。

 

これらの相場を知ることも一種の判断材料となるでしょう。

 

引越し 一括見積もり
引越しの一括見積もりを取るタイミング!