為替レートの動き

為替レートの動き

FX取引で利益を得るには為替レートの動きを読まなければいけません。

 

ポジション保有している国の状況だけでなく、様々な国の状況が絡んでくるため、正確に読むには多くの視点で分析する必要があります。

 

アメリカの懸念材料として、よく挙げられているのが双子の赤字というものです。

 

これはアメリカ政府の財政と貿易の両方が赤字になることを指します。

 

財政赤字というのは、簡単にいうと国の収入から支出を差し引いたものです。

 

国の収入の多くは税金と考えられ、支出は公共事業や年金、医療、行政サービスなどが挙げられます。

 

貿易収支は輸出額から輸入額を差し引いたものです。

 

財政赤字と貿易赤字を解決させることも国の仕事なのですが、一気に両方を解決できるほど簡単な問題ではありません。

 

実際に双子の赤字だとしても、ドル高が続くわけではありません。

 

双子の赤字を情報として流されることが一番のポイントで、このタイミングにより多くの投資家はドルが売られるという予測を建てることになります。

 

市場関係者の多くは双子の赤字はドル売りの口実だとして捉えているため、この情報が流れている時は上値が重くなる可能性が高いと判断しても良いかもしれません。

 

このように様々な情報や集団的心理が働くことによって為替レートは動かされているため、多くの情報の本質を見極めなければならないのです。

 

レイク 取り立て
レイクの滞納による取り立て