FX取引の常識

FX取引の常識

今日のFX取引の常識が明日も常識であるとは限りません。

 

FX取引の場合はレバレッジによって少ない資金でも証拠金を預けることによって、数倍から数十倍の取引が可能となります。

 

このレバレッジをきかせるのが、FX取引の常識といえます。

 

ただ、以前ほどのレバレッジをかけることは出来なくなりました。

 

2010年8月1日からレバレッジの規制が行われ最大50倍となり、さらに1年後の2011年8月1日から最大25倍のレバレッジと定められました。

 

この規制が設けられるまでは、業者によってはレバレッジ100倍、200倍、400倍というように大きな設定が可能なものもありました。

 

ただ、これら大きな取引が危険と判断した国が規制をかけたのです。

 

ただ、勘違いしている方が多いのですがレバレッジのかけ率が増えれば増えるほど危険という事ではないのです。

 

利益や損失というのは、いくらの通貨を保有しているかによるのです。

 

基本的には1万通貨からの取引が多いため、損失や利益はこれまで通り変わりないのです。

 

基本的には証拠金をどれだけ預け、どれだけの通貨を保有するかによって、レバレッジが決まります。

 

今までレバレッジを大きくすることが常識だったのですが、注目すべき点はもう一つあり保有する通貨の数と証拠金とのバランスなのです。

 

梅田 レーシック
梅田でレーシック手術が受けられる病院はここやぁ!