FXと株式取引

FXと株式取引

個人投資家が取引しやすいものとして株式取引とFX取引が断トツに人気があります。

 

この二つを比較するとどちらが儲かるのかということは一概にはいえません。

 

ただ、短期取引などをする場合は、取引時間の制限がない方が良いとされています。

 

短期的に売り・買いを繰り返すことによって利益を得るには、取引するタイミングが非常に重要となります。

 

株の場合は前場が9:00〜11:00、後場が12:30〜15:00となっていますが、FXの場合は24時間取引することが可能です。

 

日中仕事をされている方がほとんどだと思いますので、仕事中に取引するわけにはいきません。

 

その点を考えると、いつでも取引することが可能であるFXの方が個人投資家が利益を得る環境が整っているのではないでしょうか。

 

また、取引手数料を比較してもFXの方が断然安いですし、売買を繰り返すことでの取引コストも気になりません。

 

株のように取引銘柄も多くないので、チャートなどの分析も集中して行う事ができます。

 

株の場合、信用取引によって元金の3倍程度の取引は可能ですが、FXの場合はレバレッジをきかせれば25倍もの取引をすることができます。

 

小資金でも始めやすいのもFXの魅力の一つなのです。

 

リスク分散・株主優待など株でしか得ることのできないメリットもあるため、自分の投資スタイルや目的を再度確認した上で決定するのが良いでしょう。

 

ハッピーメール
ハッピーメールのハッピー体験談