FXと外貨預金

FXと外貨預金

よく比較される外貨預金とFX取引。

 

1998年に外国為替及び外国貿易法が改正され、それにより外貨預金が注目されることとなりました。

 

FX取引のブームはその後になります。

 

二つをよく理解されていない方のイメージとしては、外貨預金はリスクが低くて、FXはリスクが高いと思われているかもしれません。

 

これは正解とも言えますが、不正解とも言えます。

 

この二つが比較されるポイントとして挙げられるのは、取引手数料・為替変動の対応・取引レートの変更・取引期限・取引の自由度などがあります。

 

取引手数料はFX取引が約2銭〜10銭に対し、外貨預金の場合は約1円〜8円程度とされています。

 

外貨預金の場合は外貨が上昇することによってしか利益を得ることは出来ませんが、FXの場合は上昇でも下落でも対応することができます。

 

取引レートはFX取引の場合は常に変動していますが、外貨預金の場合は1日1回と決められています。

 

FXの場合は取引期限などが設けられることがないため、24時間好きなタイミングで取引することができますが、外貨預金の場合は銀行の営業時間内でしか取引することができず、外貨定期預金は満期という取引期限までも設けられています。

 

常に変動する為替レートに対応できるなど取引の自由度を考えれば、FXの方がリスクが低いとも言えるのです。